テーマ: ‘車種情報’ の記事

FERRARI 488 PISTA

ついに発表されました、488のスペシャルモデル、

 

「FERRARI 488 PISTA」

 

Ferrari-488_Pista-2019-1024-01

Ferrari-488_Pista-2019-1024-02

Ferrari-488_Pista-2019-1024-03

Ferrari-488_Pista-2019-1024-04

Ferrari-488_Pista-2019-1024-05

Ferrari-488_Pista-2019-1024-06

Ferrari-488_Pista-2019-1024-07

Ferrari-488_Pista-2019-1024-08

 

アグレッシブな488のデザインが更にワイルドでダイナミックになりましたね。

488GTBに比べパワーは50馬力アップの720馬力!

さらにカーボンパーツも多用し90㎏の軽量化!

 

文句なしに世界トップレベルの性能を持ちながら、

「プロでないドライバーがステアリングを握るときも、

ロードの上でも外でもサーキットのような完璧な性能を提供する」

ことを使命としているというのですからたまりません。

 

ちなみに、車名は「FERRARI 488 PISTA」が正式名称で、

最初の「FERRARI」も含めて車名になります。

 

ジュネーブ・モーターショーに行きたい、、

 


Portfino!

様々な噂が流れていたCaliforniaTの後継車が昨日ついに発表されました。

気になるお名前は、

 

「Prtfino」

(ぽるとふぃーの)

 

FerrariPortofino02

FerrariPortofino01

FerrariPortofino03

FerrariPortofino07

FerrariPortofino06

FerrariPortofino05

FerrariPortofino04

 

名前のPortfinoはイタリアで最も美しい港の名前に由来し、

馬力はCaliforniaTから40CVアップの600CV、

0-100km/hの加速は3.5秒。

 

見た目はCaliforniaTよりさらにアグレッシブでダイナミックになった印象で、

458-488、F12-812と同じ流れを感じます。

個人的にはかなりカッコイイと思います!

 

実物は来月のフランクフルトモーターショーでお披露目とのこと。

日本にくる日が待ち遠しいですね。

 


新たな「T」

当店にGTC4Lussoがやってくる10月1日、

この日からパリモーターショーが開幕します。

そして、そこでFerrariの新型車「GTC4LussoT」が発表される予定です!

 

ん?何が違うの?と思われた方もいらっしゃるかもしれません。

今度のGTC4Lussoは「T」、そう、ターボ車なのです!

 

V8ターボエンジンを搭載した、初の4シーターGTモデル、それが、GTC4LussoT。

 

特設サイトへはこちらからどうぞ。

 

スポーツ性能と多用途性を求める人に、フェラーリGTコンセプトの新しい形

GTC4LussoT

 Financial Street Beijing.


GTC4LUSSOの魅力 ~インテリア編~

GTC4LUSSOはステアリングを握るドライバーだけではなく、

3名のパッセンジャーも最高の体験が得られるように設計されています。

 

gtc4%e9%81%8b%e8%bb%a2%e5%b8%ad

 

細部にまで配慮されたデザイン、

細部にまでこだわったディテールにより、生み出されたキャビンは、

まさに非の打ちどころのないスポーティ・ラグジュアリーそのものです。

 

もうひとつ今回初めて採用されたのがダブル・コックピット設計です。

このコックピットはドライバーとパッセンジャー両方の

ドライビング・エクスペリエンスを強化するため、

多彩な機能を備えたパッセンジャー用のディスプレイを

オプションで装備できる設計となっています。

革新的な設計は別として、

キャビンで最も強調すべき点は見事なクラフトマンシップです。

慎重に厳選した素材がキャビン内に高級感のある雰囲気を生み出すために、

巧みに組み合わされています。

体に合わせて包み込むような座り心地のシートを採用。

ドライバーも3名のパッセンジャーも、極上の乗り心地を体験できます。

高級感溢れるリビングルームと同じ雰囲気をお楽しみいただけます。

 

gtc4%e3%82%b7%e3%83%bc%e3%83%88

 

・ダブル・コックピット設計

・エルゴノミクスに基づく座り心地が抜群のシート

・10.25インチのHDスクリーンが搭載されたインフォテイメント・システム

・これまで以上にエルゴノミクスが改善されたコントロールが可能な

新しいコンパクトなステアリングホイール

・クラス最高のラゲッジ・スペース:積載容量 450~800リットル


GTC4LUSSOの魅力 ~ダイナミクス編~

GTC4LUSSOと他のフェラーリとの大きな違いの一つ、それが四輪駆動システム。

より速く走るために生まれたそのシステムを進化させた結果、

速さだけではなく、快適性と、安全性も手に入れました。

 

GTC4リア

 

フェラーリが特許を取得した4RM Evoは、

初めてリアホイール・ステアリングが統合された四輪駆動システムです。

このシステムにより、あらゆる路面状況で優れたドライバビリティを発揮する

Ferrari  GTC4LUSSO

が誕生しました。

 

これはフェラーリが新たに特許を取得した4RM-Sシステムにつながりました。

4RM-Sシステムは、跳ね馬、すなわちフェラーリのもうひとつの特許取得システムである

スリップ・サイド・コントロールシステムの最新世代(第4世代)に基づいたシステムで、

電子制御ディファレンシャル(E-Diff)およびSCM-Eダンパーが統合されています。

 

これらすべての洗練されたビークル・ダイナミクスシステムは、

フェラーリが独自に開発したソフトウェアによってシームレスに統合制御されます。

また、ドライバーが雪道や濡れた路面、グリップの低い路面において、

GTC4LUSSOの圧倒的なトルクを難なくコントロールすることを可能にします。

結果として、優れた性能を引き出す非常に高い安定性、

卓越したコントロール性能、そして安全性が得られています。

 

また新世代SCM-Eダンパー制御は、

充分に舗装されていない路面での性能向上だけでなく、

快適な乗り心地にも貢献します。